トップ  > 愛礼和通信 

愛礼和通信

春をイメージしたデザート

2018年04月03日

松前内科医院 栄養課

こんにちは、一宮市にある、松前内科医院 管理栄養士の野田です。

先週はさくらがたくさん咲きましたね。

最近お菓子作りをしていないなーと思い、休日の朝7時からフランボワーズのレアチーズケーキを作りました。

フランボワーズはフランス語でラズベリーのことを言います。

 

洒落た感じを出したくて2層に。

▼材料(ホール型18cm

*一番上の層…ゼラチン5g・フランボワーズのリキュール100ml、レモン汁(お好みの量)、食紅(ひとつまみ)

*真ん中の層…クリームチーズ200g、生クリーム200ml、砂糖60g、ゼラチン10g、冷凍ラズベリー15粒程度

*土台…………ビスケット70g、バター50g

▼作り方

①土台を作ります。ビスケットをジップロックに入れて力の限り粉々にする。

②深さのある皿or型に敷き、しっかり押し付け、冷蔵庫保管。

③真ん中の層を作ります。生クリーム、砂糖、ゼラチンを鍋に火をかけて混ぜる。その後クリームチーズを入れる。

④ダマがなくなったら、冷凍ラズベリーを投入。なめらかになるまで混ぜましょう。
←層2

⑤冷やしていた土台に層2を流しこみ、再び冷蔵庫へ。

⑥上の層を作ります。鍋に火をかけ、フランボワーズリキュールと砂糖、食紅を入れる。

ゼラチンを振りながら⑤に加える。溶けたら、レモン汁を加える。※味を見ながら足していってください。
←層1

⑦冷やしている土台と真ん中の層の上に静かに流し込み、冷蔵庫で固まるまで冷やす。


飾りとして桜の形に型抜きした牛乳寒天を乗せたら完成。

 

ラズベリーは糖質の含有量は少なく、食事交換表によれば、ラズベリーは約25粒で1単位、80kcalとなります。ビタミンCも豊富なのでお肌の健康にもいいです。

 

土台のクッキーは全粒粉入りのクッキーを使用し、食物繊維もプラス。

今回は砂糖を使いましたが、代わりに人工甘味料などを使用すれば低糖質なデザートになりますよ♪